Slider

経営理念


私たちは 食の世界を通じて
お客様のお役に立ちたい
お客様の願い それは私たちの願い

ごあいさつ

2020年東京オリンピックまで500日、海外旅行客も4千万人になると予測されています。一方2010年をピークに国内人口は減少を始め、2025年には1億2千万人を下回ります。国内消費人口が減り、海外旅行者の方々が替りに消費してくれる構図が見えてまいります。これに対応したビジネスの在り方、人口減に伴う人材採用の在り方など重要な課題が待ち受けています。

2020年3月開業の立川北口GREEN SPRINGSへ「新立川紋屋」の出店も決まり、社員が誇りに思う店づくりで顧客の期待を満たしつづけることが出店の狙いです。そのための教育と育成が大変重要になってまいります。

JR東日本による2020年山手線新駅高輪ゲートウエイの乗降が始まり、2024年には高輪ゲートウエイ駅前5棟の高層ビル群の大規模開発も終える見通しです。国際的な街づくりが進んでまいります。

時を同じくして、2025年位には宗教法人泉岳寺を核とした泉岳寺周辺地区の市街地再開発で、高輪ゲートウエイ駅から泉岳寺までの街の整備も終わる予定です。新たな街の誕生に伴い泉岳寺門前紋屋も新たな店づくりで顧客とのエンゲージメントを更に進めてまいります。

海外の方々の増加に伴い、世界共通語である英会話は飲食業にとって必須になってまいりました。日本語会話と英会話が得意な国の学生採用も重要な取組になります。 政府の働き方改革に伴い、飲食業がブラック企業にならないよう、私たちから改善の一歩を進めてまいります。休日(連休)取得、規定内労働時間に近づけていく取組など、できることから一歩づつ着実に進めます。

株式会社フードビジネス
代表取締役 髙野英司

会社概要

会社名   株式会社フードビジネス
屋 号   紋屋(もんや)
創 業   1989年8月24日
資本金   1,000万円
代表者   代表取締役 髙野英司
社員数   42名
      (正社員24名,契約社員2名,アルバイト16名)
事業内容  和食料理店の経営
本社住所  183-0006 東京都府中市緑町2-3-1
店 舗   立川紋屋
      190-0023 東京都立川市柴崎町3-9-7
      泉岳寺門前紋屋
      108-0074 東京都港区高輪2-11-6
オフィス  総務部
      183-0006 東京都府中市緑町2-3-1

こだわり

point

食材へのこだわり

富山湾の魚介類

富山湾の地形は藍甕(あいがめ) と呼ばれ、すり鉢状の斜面には立山連峰よりミネラル分を多く含んだ地下水が大量に湧き出ています。この為、独特の魚種が非常に多く、甘みの強い身質の魚が育っています。 また、沖合(能登沖)では暖流と寒流が混ざり合い、大量のプランクトンが発生し、外洋性の魚(鰤など)が集まる場所になっています。このすばらしい海の幸を日本料理の食材として自信を持ってご提供したいという強い思いがございます。

魚津産コシヒカリ

"富山のコシヒカリはお米の粒が小ぶりです。立山連峰の谷をつたい流れ出る豊富な水が美味しいお米を育みます。炊きたては勿論、冷めても美味しいお米がこだわりです。お米はすべて土鍋で炊き上げます。

水 穴の谷霊水

泉岳寺門前紋屋、立川紋屋の料理の水は、富山県中新川郡上市町黒川の穴の谷(あなんたん)の霊水を使用しております。軟水で不純物が極端に少なく腐りにくい水と言われています。この水で出汁を引き、お米を炊き、お茶としてお客様へご提供しています。素材を活かすためには欠かせない大切な霊水です。
【泉岳寺門前紋屋】のご予約・お問い合わせ
© 紋屋
© 紋屋
【立川紋屋】のご予約・お問い合わせ
【立川紋屋】のご予約・お問い合わせ
【泉岳寺門前紋屋】のご予約・お問い合わせ
Slider